美容

トリアとケノンならどちらがいいの?

前回の続きです。

 

ムダ毛に対して、カミソリや毛抜などの乱暴な自己処理はやめようと決意したmicaめは家庭用脱毛器を使って自宅で脱毛をすることに。

 

 

でも、いざ脱毛器を調べてみると色々な種類があってかなり迷ってしまいました。

 

で、

色々なサイトを読みまくって最終的にこの二つだろう!ということで残ったのがトリアとケノンです(どちらも家庭用脱毛器の大御所的存在)。

 

 

結果を先に書くと、トリアを選んだのですが、その理由は↓で。

 

 

まずこの2つの最も大きな違いとは、
トリアは「レーザー脱毛器」
ケノンは「フラッシュ脱毛器」

 

ということです。

 

 

レーザーとフラッシュって何が違うのかという前に、そもそも脱毛ってどういう仕組みなの?ってことから。

 

ムダ毛を生やさないようにするには毛の根っこ、つまり毛根の働きを抑えなくてはなりません。

 

働きを抑えるためにレーザーやフラッシュなどの光エネルギー利用して毛根にダメージを与えるのですが、ここでレーザーとフラッシュの違いが出てきます。

 

光には色々な種類の波長があるのですが、脱毛(=毛根へのダメージ)に向いているのはトリアのレーザーではないでしょうか。

 

なぜかというと、トリアのレーザーの光の波長は毛根部にだけアプローチできるごく狭いピンポイントなものなのですが、フラッシュ脱毛はさまざまな波長の光を使っているのだそう(波長の幅が広い)。

スポンサーリンク

 

 

波長の幅が広いということは、本来毛根だけに与えたい熱エネルギーが分散して、肌などにも影響が及んでしまう、というわけですね。

ただでさえ、お肌のダメージに敏感にならざるを得ない大人女史としてはここは大きいw

 

 

ちなみに、余談ですがミュゼなどのエステで使われているのはフラッシュ脱毛で、クリニックや美容外科などの医療従事者がいる施設で使われているはレーザー脱毛です。

 

そして、いわゆる永久脱毛と呼ばれるものはレーザー(その他、針や電気なども含め)を使った脱毛のことを指します。

 

ですので、脱毛サロンや家庭用脱毛機のフラッシュ脱毛は永久脱毛ではないのでお間違えなく(自分もつい最近知ったくせに偉そうですみませんw)。

 

 

というわけで、
長くなりましたが私はレーザー脱毛器のトリアを選びましたよ、というお話でした♡

 

 

次回は「トリアってこんな脱毛器!」
ってあたりを書いてみたいと思います♪

 

トリアプレシジョンを使ってみました③はこちら

 

トリア公式サイト→トリアプレシジョン

スポンサーリンク