ダイエット

ココナッツオイルの摂取量は?副作用はある?

健康に美容に、そして認知症にも効果があるといわれているココナッツオイルですが、一日の摂取量の限度は決まっているのでしょうか。

 

健康を保つための適量とは、一日に大さじ2杯から3杯が目安といわれていますが、ココナッツオイルを常食している南の島では、もっと大量摂取していますが問題はないようです。

 

それどころか、南の島に住む人たちは一見して肥満気味なのに糖尿病にかかる人が少ないといいますし、病気にかかった時にもココナッツオイルを飲んで治すというのですから、健康になるための優れた食品ということになるでしょう。

スポンサーリンク

 

ただ、食べなれていない人が急に大量に摂取してしまうと、油分ですからお腹がゆるくなるので注意が必要です。

 

最初は摂取量を守り、徐々に増やして様子をみましょう。

 

また、副作用もないといわれていますが、ココナッツにアレルギーがある場合はもちろん摂取してはいけませんし、商品によっては添加物や化学薬品が使用されているものがありますから、しっかりチェックして選びましょう。

 

副作用ではなく、体内から毒素を排出させてくれるデトックス作用により「好転反応」として現れることもあります。

 

頭痛や吐き気、下痢や倦怠感などですが、これらは一時的なもので毒素が排出されてしまえば治まるようです。

スポンサーリンク